宿探しでは各室にお風呂が無いタイプ

宿探しでは各室にお風呂が無いタイプ

宿探しで新館と旧館があるとき

ホテルや旅館を運営するとき、今まで使っていた建物が古くなったり手狭になることがあります。建て替えとなると一時的に休止することになり、その間に客足が遠のくことがあります。敷地などに余裕があるなら、空いている所に新館を建てることがあります。新館と旧館を同時に運営することもあれば、新館ができたと同時に休館を取り壊して更に別の建物を建てることもあります。新しい建物のほうがきれいで使いやすいのは言うまでもありません。

宿探しにおいて、新館と旧館とを選べることがあります。この場合、どちらも同じ料金になっていることは少ないでしょう。旧館の方が安く設定されていることが多いです。これらの情報はホームページなどで見られます。旧館は何年に建てられた、新館は何年などです。古い建物でも改築をしているときはその年数が記載されていることがあります。10年以内であればまだまだ新しいといえるでしょう。古いからといって設備が悪いわけではありません。

人気としては新館があるために、ネット上においては旧館のみの情報が出ていることもあります。それを上手く使うことで安く利用するのです。料理は新館と同じですし、お風呂も新館のお風呂が使えることもあります。

Copyright (C)2017宿探しでは各室にお風呂が無いタイプ.All rights reserved.