宿探しでは各室にお風呂が無いタイプ

宿探しでは各室にお風呂が無いタイプ

宿探しで階数の違いで安くなるところ

タワーマンションに住んでいるとある人から言われました。興味があったので是非行ってみたいと言ったら、別に大したことはないと苦笑いされました。実際に行ってみると30階建ての非常に大きな建物に圧倒されてしまいました。エレベーターに乗るとすぐに到着です。エレベータの能力も高いと思ったら階は5階でした。いわゆる低層階で、このマンションにおいては比較的安めのところのようです。眺望も一般的なマンションと変わりありませんでした。

宿探しにおいても、ホテルが高い建物であれば階数によって料金が変わることがあります。高ければ眺望もそれなりに良くなります。一方で低い階の場合は安く設定されることがあります。問題はどのような設定のされ方をしているかです。10階建てで10階と9階でも差があるのか、上位階はすべて同じ値段で、ある階を境に安くなるのかです。その宿泊施設は5階以下において安くなる設定になっていました。この場合は5階を選べばいいでしょう。

5階と6階で値段が変わるのですが、恐らく眺望自体はそれほど変わらないと思います。海沿いにあるのであれば、2階などの低い階でも海は見ることができます。近いほうがより美しいこともあり、低い階の方がいいこともあるのです。

Copyright (C)2017宿探しでは各室にお風呂が無いタイプ.All rights reserved.